言葉遣い

 高学年の保護者会で「言葉遣い」についての討議があった。学校、習い事、家庭、それぞれで使い分けている(家庭ではさほど悪い言葉遣いは耳にしないが、友人と遊んで居る時など、耳にすることがある)。流行り言葉を連発したり、意味がわからずに相槌を打つ(例:だよねー。ありえない~。きもい。等々)。乱暴な言葉が多い(例:死ね。ばっかじゃねーのー。うるせー。等々)。丁寧語、尊敬語、謙譲語などが使えない。また、目上の人に対する会話がまるで友達同士。という発表がありました。いつの時代もこの論争はあることではないかな?と思うのですが、言葉の意味を知って使うことが大切と強く感じたことと、目上の人に対する言葉遣いは、身近な人が実践する姿から学んで行く事が必要な年齢ではないか?と強く感じだのでした。いくら能力主義であろうと、目上の人とは何であるか?人生の先輩としての価値はあるはず。今の若者たちにも同じ事が言えるよなぁ~と話を聞きながら思ったのでした。
関連記事
さゆりからのメッセージ
ふとした日常の出来事の中にも、さりげない動作の中にも、はっ…とする瞬間(とき)ってありませんか?
そんな事すぐ忘れちゃうよ!忙しくて気にしていられないわ!なんて、せこせこと過ごしていませんか?
毎日気張って生活しているときっと疲れちゃうと思うのです。そんなあなたに読んでもらいたいな…って。
プロフィール

さゆり

Author:さゆり


さゆりです。このブログは、2002年8月31日(土) ~2004年3月15日(日) 日記のホームページとして公開していたものを、fc2に移植して再開したブログです。移植した部分は、コメントを閉じてあります。

人生の折り返し地点を過ぎたわたしの日々。平凡な毎日の中にも、光るものや気に入らないこと、いろんな何かがあるものです。そんな何かを書いています。

お読みになった方は、ポチっと拍手をお願い致します。コメントも頂けるとうれしいな。コメントは承認後の表示になります。ご了承くださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ