表向きな感想文…染色…加藤シゲアキ

読み終えたあと、文章のあちこちに、書き足したくなった。

accel.
A Tempo
poco
appasionate



まるで譜面のような文章。


もぬけの殻だと分かっても向かう。

そこからの彼の表現は、徐々にテンポをあげて曲のクライマックスへ向かうような…躍動感という言葉が相応しいわけではないのだが、動的で映画を見ているような(これも表現としてはアレなんだけど)、静止画ではなく無音でもなく、映像と思いが一体になった何かが弾け飛ぶような。そんな文章だった。




好きなやりとりがある。

「どこなら描ける?」
「どこでも描けるよ」

すごく自然でいい。
その時のふたりの関係性がよく分かる。



分かり切ったような気づきも好き。

…途中でさじを投げてしまったように思えて…
…「私、作品を仕上げるのが苦手だから、…」

なるほどね、って思うから。
ふたりの感覚が似ていることがよく分かる。



出会いはどうあれ、彼女の家に行っちゃう彼も、彼女の未完成を描き足していく彼を見つめる彼女も、そのまま陶酔していく様も、それは言葉にならないものの融合であって美しい。何も否定するものはない。自分にも覚えがある。


彼女の持つ魅力は彼を飲み込もうとするけれど、常識人である彼はその波には乗れない。乗れないけれど染まりたい、いや、染まりたかったのだろう。結果は元サヤであるから。



こんな体験をしているのか、それとも妄想なのか、知る由もないが、自分のことを書いてくれたかのように感じたのは、わたしだけではないと思う…よ?



表向きな感想文はここまで…心底書いちゃう感想文は別のところで(笑)書くかもしれないし、書かないかもしれない。語りたい人は飲みに行くか!



おしまい











シゲの文章、大好きだよ♡
めっちゃ好き♡
ふふふ、もっと書いて♡



関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

さゆりからのメッセージ
ふとした日常の出来事の中にも、さりげない動作の中にも、はっ…とする瞬間(とき)ってありませんか?
そんな事すぐ忘れちゃうよ!忙しくて気にしていられないわ!なんて、せこせこと過ごしていませんか?
毎日気張って生活しているときっと疲れちゃうと思うのです。そんなあなたに読んでもらいたいな…って。
プロフィール

さゆり

Author:さゆり


さゆりです。このブログは、2002年8月31日(土) ~2004年3月15日(日) 日記のホームページとして公開していたものを、fc2に移植して再開したブログです。移植した部分は、コメントを閉じてあります。

人生の折り返し地点を過ぎたわたしの日々。平凡な毎日の中にも、光るものや気に入らないこと、いろんな何かがあるものです。そんな何かを書いています。

お読みになった方は、ポチっと拍手をお願い致します。コメントも頂けるとうれしいな。コメントは承認後の表示になります。ご了承くださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ